危険な行為だと

危険目にあってからでは遅い

2014.06.17

スマホは大変便利な携帯電話として瞬く間に普及をしましたがそれに伴い、多くの問題も生み出してしまいました。 それはスマホを四六時中操作していることで、危険目似合うことが少なからず起きるようになって来たのです。 まず、このような操作をすることで危険な目にあうことが予想されるのが、運転中の操作です。 もちろん運転中の操作は禁止されているのですが、操作をする人が後を絶たず年間に何件もの事故が発生しています。 また、自動車の運転にかぎらず、自転車に乗っている人がスマホを操作してふらふらと走行していることも、日常的に問題になっています。 このような場合本人だけが、危ない目にあうのであればそれほどの問題にはならないのですが、問題は他者を巻き込んでしまう可能性のある点にあります。 そのため、他者を巻き込んでしまうような危険な目にあってからでは遅いので、何かをしながらスマホを操作するというのは止めて安全な場所で操作をするようにしましょう。

自分はそうならないように

2014.06.17

現在の日本では、本当にスマホが普及してきています。少し前は、絶対にスマホにしないといっていた人であっても、iphoneなどの評判を聞きつけ、機種変更をしたりしています。また、各携帯会社が競争をしており、その関係で乗換え割りやキャッシュバックをかなり派手に行っていることもあって、最近家族みんなで変えた人も多いでしょう。 そのように多くの人が所持しているものですが、使用に関して問題もあります。それはマナーの問題です。とても便利だし、必需品だと感じる人も多いわけで、とにかくずっと手放すことができなかったりします。インターネットやメール、ライン、ゲームなど、本当によく使っているのを見かけます。ひどい人では、歩きながらいじっている人もいて、他の人とぶつかりそうになったり、トラブルになったりすることもあるのです。 近頃はそうならないように、公共のマナーとして、気を付けるように呼びかけるテレビコマーシャルもあります。自分はそうならないようにと、個人が意識を高めなければいけないことです。

周りを見るとやってるよはダメ

2014.06.17

歩きながらスマホを操作しているという人は、街に出ればたくさん見かけるものです。 また、歩きながらに限らずバスの中や電車の中、飲食店や公園のベンチなど日本中いたるところで常にスマホを操作している人たちで溢れかえっています。 このような行為は見た目の印象があまりよろしくないので、やらない方が良いのですがそこは個人の自由ですから、外野の人間がとやかくいうことはないのです。 しかし、他者を巻き込んでしまうような、歩きながらや運転中の操作などは厳に慎むべきなのです。 日本人というのはモラルが高いと言われていますが、実際には周りの目を気にする人たちばかりなので、周囲の人間が同じことをやっていれば平気で危険なことでもしてしまう傾向にあります。 そのため、歩きスマホに関しては周りがやっているからいいのではないかと思っている人も数多くいるのですが、そのように周囲の状況を把握できない状態での操作というのは、思わぬ事故につながってしまう可能性があるのでやめたほうが良いでしょう。