危険目にあってからでは遅い

2014.06.17

スマホは大変便利な携帯電話として瞬く間に普及をしましたがそれに伴い、多くの問題も生み出してしまいました。 それはスマホを四六時中操作していることで、危険目似合うことが少なからず起きるようになって来たのです。 まず、このような操作をすることで危険な目にあうことが予想されるのが、運転中の操作です。 もちろん運転中の操作は禁止されているのですが、操作をする人が後を絶たず年間に何件もの事故が発生しています。 また、自動車の運転にかぎらず、自転車に乗っている人がスマホを操作してふらふらと走行していることも、日常的に問題になっています。 このような場合本人だけが、危ない目にあうのであればそれほどの問題にはならないのですが、問題は他者を巻き込んでしまう可能性のある点にあります。 そのため、他者を巻き込んでしまうような危険な目にあってからでは遅いので、何かをしながらスマホを操作するというのは止めて安全な場所で操作をするようにしましょう。